「アモーレ」

E3で紹介されたニーアオートマータ良いですね。雰囲気がドストライクです。
主に世界感がいい。世界が滅んだ後の廃墟だらけの世界。

久保田は散歩しながら高速道路や高層ビルなどのあるところに行くと
「廃墟になったらさぞ美しいだろうなぁ~」とか妄想しながら
一人でテンションあがっていたりします。
偶然コンクリートの壁が崩れて中の鉄骨が剥き出しになっている所を見つけた日には
「うは~奥まで丸見えじゃん!工□すぎだろ!」と思わず興奮した事もあります。

…そんな変態自慢話はとりあえず横に置きまして
今回の落書きはそんなニーアオートマータにも似た世界観の
クトゥルフ以来にツボったTRPG「永い後日談のネクロニカ」の自作キャラです。
NC(ゲームマスター)のセッション次第で
微グロなまどかマギカやローゼンメイデンみたいになったりしますが
個人的には銃夢などに近いイメージからはまった作品です。
(某プリンの人はまんまネクロマンサーですよね)
※今回の落書きは人によっては微グロ注意です。
永い後日談のネクロニカ
自分で好きに考えるとよくある「セーラー服に日本刀を持った少女」になりそうだったので
ポジションやスキルやパーツに番号を振ってダイスの出目で全て決めて描いてます。
年齢も趣味ではなくダイスの出目です(断言)
ですが久保田の想像力が貧相な性か
あまり代わり映えのしないキャラになってしまいましたね…(^^;
一応、バックボーン的には
自分の身体にコンプレックスを持ったネクロマンサー(♂)が
自分の身体を絶世の美少女(自称)のアンデットに改造する一方で
自分の腕などの身体の一部を各ドールたちに着け
そのドールたちを罵倒することで歪んだ自己愛を満足させるという
とち狂った発想の元に作られたドールという設定です。
なので
同系統の足やら身体のパーツやらがおかしなドールたちがもう何体かいる設定です。
セッションの話の始まりとしては
ドールたちが謎の施設内で目覚めたときその異形の身体に驚愕するところから始まり
(ドールたちは改造されたこともネクロマンサーのことも覚えていない)
拡声器越しにその容姿を罵倒してくる少女の声に導かれ
そのネクロマンサーが思う美しいものに囲まれた施設と
プレイヤーのドールたちと敵対する失敗作のアンデットたちの戦いを潜り抜け
ネクロマンサーの元に無事たどり着き元のパーツに戻してもらう事が一応の目的です。
もしかしたらネクロマンサーは繰り返し行われたであろうその遊びに飽き
自らを壊してくれる(自分の身体を一部に持つ)ドール待ち望む
自殺願望者なのかもしれません。
というざっくりとしたストーリーとも設定とも付かないものを考えたのですが
廃墟好きよりこっちの方が変態ぶりを疑われそうですね(^^;
うん、分かってる。ちゃんと自覚があるから大丈夫…(汗
   
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

久保田チヒロ

Author:久保田チヒロ
■もっと早く、もっと上手く、ただ強く。
自称、漫画らしき物も描けなくもない絵描き人
趣味は散歩。でも寒いのは嫌。暖かいのはすばらしい。

pixivやってます
https://pixiv.me/kubota_c

■久保田チヒロにお仕事依頼等の御用の方はコメントに「非公開コメント」をチェックした状態でメールアドレスを記して頂ければ管理者のみの閲覧になりますので内容を確認しだいこちらから返信させて頂いております。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

■単行本■
アフィリエイト・SEO対策