「まるで成長していない・・・・・・」

リオでオリンピックが開催中ですね。
久保田の祖父は昔ブラジル移民になろうと思い
応募した事があったそうなのですが「結婚してないとダメ」と言われ
当時独身だったので諦めたらしいという話を以前親に聞きました。
なのでドラえもんのセワシくん理論で行くなら今頃日系○世とかになっていたのか
などと思ったりしてブラジルには妙な親近感のようなものを感じてます。
バックトゥーザフューチャー理論なら存在しなくなってますが(笑

そんなわけで過去の自分の漫画の絵を描いてみた第二弾
オリンピックなど見ていて、ふと
「さくらちゃんは運動とか苦手そうだよぁ」と思ったので描いてみました。
さくらちゃんの性格上、何事も一所懸命に取り組むけど運動は上手くいかなそう
それに対してヤオちゃんは運動も得意そうかなと
ふでむすめ a ふでむすめ b
世代的に体操着は短パンだと思ったのですがブルマver.も載せてみました。

以下駄文。

あの漫画は
シリーズ物としてのラブコメ的見せ方の基本を分かっていなくて
結構苦労したり(今ならもう少しはマシに書けるはずですが)
無駄に消化し切れていない複線やら設定やら結構あって
終わった直後は色々残念な部分だったのですが
例えば「なぜヤオちゃんは初めから書道部じゃなかったの?」とかには
深い理由があって第一話のおよそ一年前に体験入学を誘われたのですが
元居た先輩たちと確執があって断っていたり
ヤオちゃんの家は実は日舞の偉い先生の家系で
大人たちの醜い権力争いに嫌気が指してちょうどその時グレていたりとか
さくらちゃんと出会った当初ヤオちゃんはさくらちゃんを嫌っていただとか
ヤオちゃんとみゆちゃんとはその家の関係での幼馴染だったりとか
二話目、三話目の裏でヤオちゃんは何をしていたのかとか
(空きページに余裕があれば漫画にして載せようかと思ってました)
などなど主にサブヒロインたちの設定がまるで生かせてなくて
メインヒロインも「見せ方しっぱいしたなぁ」などの後悔の念の方が強かったですね。
いまさら言っても後の祭りってヤツですが(笑

ちなみに今回もなるべくあの頃の絵を、を意識して描いてみたのですが
傍から見れば「まるで成長していない・・・・・・」と見えるかも
キャラクター絵の安定感と描くスピードは上がっているのは断言できるのですが
読者的には意味の無い違いでしかないですね(--;
今の実力で全部描き直すなら
髪の線の数などデザインをもう少しシンプルにしながらも
それなりに見える絵にするでしょうか。
それともより写実的な絵にするか…こういうたられば妄想は付きませんな(^^;
拍手する

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

久保田チヒロ

Author:久保田チヒロ
■もっと早く、もっと上手く、ただ強く。
自称、漫画らしき物も描けなくもない絵描き人
趣味は散歩。でも寒いのは嫌。暖かいのはすばらしい。

pixivやってます
https://pixiv.me/kubota_c

■久保田チヒロにお仕事依頼等の御用の方はコメントに「非公開コメント」をチェックした状態でメールアドレスを記して頂ければ管理者のみの閲覧になりますので内容を確認しだいこちらから返信させて頂いております。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

■単行本■
アフィリエイト・SEO対策